ねこだましのパチンコ・パチスロ稼働日記!

新台機種を中心に稼働日記をアップ中。新台機種の情報まとめも!

ねこだましのパチンコ・パチスロ稼働日記!

パチスロ10月新台
パチスロボウイ
パチスロペルソナ5
パチスロ新台導入カレンダー
パチスロ稼働日記
パチスロ新台コラム
ブログ運営小話

スロット【キャッツアイ】稼働日記!お財布の中身から気力まで根こそぎ盗まれた稼働

0619_パチスロキャッツアイ_key


吹き出し左側用のアイコン

どうもねこだましです!

今回は初打ちから2回目の稼働となるパチスロ『キャッツアイ』の稼働日記!

初打ちの際に味を占め、甘い汁を吸おうとまたしても本機に突撃してきたのだが、結論から言うと見事返り討ちにされました(お陀仏)。

数値周りについてはちょんぼりすた様の解析ページより参考・引用させていただいています。

- スポンサーリンク -


パチスロ『キャッツアイ』稼働内容

1/99のボーナスが引けなければ死あるのみ

朝一からの稼働。ねこだましが稼働している店舗では同時期に導入された『ピンクパンサーSP』の方に稼働が集中しており、抽選番号は悪かったものの難なく本機を確保。

導入時は多少なりともディスクやMAPPYから本機に人が流れてくると思ったのだが、そんな事もないようで、やはり既存の技術加入機とは少々属性が違う様子が伺える(普段ディスクとか打たないのでわからん)。

0619_パチスロキャッツアイ_10619_パチスロキャッツアイ_2

初打ちの際はキャッツ目経由のCZのATヒット率がすこぶる悪かったのだが、今回は260G程にて突入した本日1発目のCZから早速ATに当選。

CZ消化中はいくつかチャンスアップとなる演出が存在するのだが、兎にも角にも赤系の演出が1回でも発生すれば十分にAT当選に期待ができる。

💡CZの成功率は設定1:39.5%~設定6:53.6%と各設定事に差がある。

0619_パチスロキャッツアイ_3

AT中に関しては基本的にリールロック待ちという事でブログ的には映えづらい機種ではあるのだが、パチスロとしてはメリハリのある演出設計で面白い機種。

まあその分駆け抜ける時は完全に虚無と化すが...。

0619_パチスロキャッツアイ_4

ビタ押しは初打ち時の成功率が75%程であったのだが、2回目となると多少は慣れてきた事もありほとんどミスをすることなく成功。

ボーナス中はビタ押しのみならず11枚の払い出しがあるチェリー等でも上乗せが発生する場合があるため、レア役をはじめとした小役の引きも重要だ。

💡実践上11枚チェリーで上乗せは発生した場合は大きいゲーム数が乗る傾向にあり。

0619_パチスロキャッツアイ_50619_パチスロキャッツアイ_6

その後も間髪入れずにBIGを引き、持ちゲーム数は100Gを超えるも駆け抜けてしまいATは終了..。

AT中はボーナスに当たるか否かの戦いにつき、何百ゲームあろうが駆け抜ける時はさくっと駆け抜けるのが本機である。

- スポンサーリンク -


0619_パチスロキャッツアイ_70619_パチスロキャッツアイ_8

通常時のボーナスは主に1/392のリーチ目をはじめ、各種レア役にて気持ち程度に抽選はされているのだが、やはりリーチ目の引きがものを言う。

仕様上REGの当選率には設定差が存在するものの、BIG・HBIGに関しては設定共通の確率となるためアーム次第でどうにでもなってしまうのが本機の良さである。

💡REG当選時に『ボーナスとして放出』するか『キャッツ目として放出』するかの振り分けに設定差がある模様。

0619_パチスロキャッツアイ_9

ちなみに先程BIG経由で突入したAT後のCZにて、最後の連続演出中に謎に赤文字のチャンスアップが発生したのだが、通るわけもなく。

例えば『AT後のCZは極稀に継続する事があり、その場合はスーパーキャッツタイム濃厚』とかだったら面白いのだが、AT後のCZにおける具体的な仕様は今の所不明である。

0619_パチスロキャッツアイ_100619_パチスロキャッツアイ_11

その後またしてもリーチ目からBIGに当選し、ATを消化するも如何せん本日は1/99の引きが悪く、駆け抜けを繰り返す展開に。

SNSでもたまに見かける設定6で大敗している場合の多くは、こんな感じで初当たりが取れてもAT中にボーナスが引けないケースがほとんどなのではないだろうか。

0619_パチスロキャッツアイ_12

それに加えて低設定の場合はキャッツ目を避けながら1/392のリーチ目を狙うという至難の業が求められるため、技術介入込みで100%を超えると言えどやはり安定度には欠ける印象だ。

ここがひたすらに悪い方に噛み合ってしまうと、気づいたら天井なんて事も珍しくない。

0619_パチスロキャッツアイ_130619_パチスロキャッツアイ_14

かくいうねこだましも気づいたら400G程ハマっていたのだが、キャッツ目経由で当選したCZ中に疑似連演出発生からの初見の連続演出に発展。

恐らくエピソードジャッジと呼ばれる演出だと思うのだが、調べても詳細がでてこず....。

仮にエピソードジャッジであれば発展時点で激熱であり、CZ中ではなく通常時に発展した場合は”スーパーキャッツタイム”濃厚との事で歓喜の瞬間となる。

💡エピソードジャッジはCZ中のみフェイクの可能性があり、CZ中に関しては成功してもAT当選のみ?

0619_パチスロキャッツアイ_15

結局先程のATは駆け抜けてしまい、再度ハマり中のねこだましなのだが、200G程でチャンリプ・チェリーと立て続けにレア役を引き、通常状態にも関わらずCZに突入!?

CZは基本的にキャッツ目入賞後の内部状態がボーナス中の際に突入抽選が行われるのだが、どうやら通常状態の場合でもレア役をはじめとした小役にてCZの突入抽選は行われているようだ。

CZは普通にスルーしたけど。

0619_パチスロキャッツアイ_16

その後もズルズルとハマっていく中、自身初となる通常時にリールロック2段階が発生するが惜しくもハズレ。

リールロック2段階は言わずもがな激熱となる演出の1つだが、スイカに限りリールロック2段階が絡んでもボーナス当選期待度は約25%しかないため油断は禁物である。

💡リールロック2段階発生時、予告状を投げる瞳が金髪verだと灼熱パターン!?

0619_パチスロキャッツアイ_17

そんな形で初見の演出を楽しむねこだましであったが、次の初当たりは986G。

999Gがゲーム数天井となる手前、ここまで来たら天井到達からの”キャッツチャレンジ”のテーブルを確認したかったのだが、天井まで13Gという所で無常にも1/392のリーチ目は訪れる(枚数的には嬉しいけど..)。

結局ATに関しても例のごとく駆け抜け、ねこだましの稼働は強制終了となるのであった。

- スポンサーリンク -


パチスロ『キャッツアイ』稼働データ

📋総回転数 約2,788G(通常時 約2,208G)
ボーナス確率 3回(1/736 設定1以下)
CZ確率 7回(1/275 成功2回)
AT確率 5回(1/414 設定1以下)
👑差枚数 -1,650枚(1,850枚投資、200枚回収)

静かなる爆死である。

総回転数の約8割が通常時という事で、寧ろよくこの投資額で収まったと言える。

設定推測におけるメイン要素の1つ、CZからのAT当選率に関しては見るからに50%を割っており、これだけ見ても上はないと判断できる内容である。

設定示唆も奇数示唆よりだった事から1...良くても3あたりではないだろうか。

- スポンサーリンク -


パチスロ『キャッツアイ』評価・感想

0611_パチスロキャッツアイ_end

以上、パチスロ『キャッツアイ』の稼働内容となる。

調子に乗って『スーパーキャッツタイム~』なんて思っていたら見事にボコられた今回の稼働。

理論上、ビタさえできれば100%以上に収束するはず...(してほしい)なので、せめて”スーパーキャッツタイム”を経験するまでは本機には積極的にチャレンジしていく予定だ。

(C)北条司/コアミックス 1981 版権許諾証YML-035, (C)HEIWA


前回の稼働日記はこちら!
pachislot-nekodamshi.com

キャッツアイで味を占めた稼働
pachislot-nekodamshi.com

実機を買うならチェック!

記事が面白かったら↓をPUSH!
20220428144215

その他の稼働日記はこちら!
20220428144218

最新の機種はこちらから検索
20220428144212