ねこだましのパチンコ・パチスロ稼働日記!

新台機種を中心に稼働日記をアップ中。新台機種の情報まとめも!

ねこだましのパチンコ・パチスロ稼働日記!

パチスロ10月新台
パチスロボウイ
パチスロペルソナ5
パチスロ新台導入カレンダー
パチスロ稼働日記
パチスロ新台コラム
ブログ運営小話

スロット【スマスロ】情報まとめ!スマートスロットはいつから導入?スペックから導入予定の新台まで、まるっとご紹介

0910_スマスロ_key


吹き出し左側用のアイコン

どうもねこだましです!

今回は徐々にその全貌が露になってきている次世代のパチスロ『スマートスロット』について、現在判明している情報や各社から登場予定の機種を紹介したいと思う。

そもそも『スマスロ』とはという所から5号機の爆裂機種を超える!?スマスロのラインナップ等、できる限りまとめてみたので、ぜひご覧いただけると幸いだ。

※こちらの記事は9月9日時点の情報をまとめた内容となります。

スポンサーリンク


スマスロ情報まとめ

0909_スマスロ_0

予てより様々な噂が飛び交っていたスマートスロット、通称『スマスロ』

そんなスマスロにおける導入時期や各社から登場予定の機種が明らかになってきたという事で、今回は改めてスマスロの仕様をおさらいすると同時に、各社から登場予定の機種について情報をまとめていきたいと思う。

なお本記事の情報はスマスロ特設サイトを参考にお届けしてくのだが、如何せんねこだましも自身の目で実機を確認したわけではないので、間違った解釈をしてしまっている可能性もある。

その点、ご了承の上、ご覧いただけると幸いだ。

スマスロ特設サイト
www.pachislot-summit.com

スマスロとは

メダルレスの次世代型スロット

0909_スマスロ_1

見た目こそ従来のパチスロと大差ないものの、パチスロを遊技する上では欠かせないメダルが電子化される等、遊技における根底を覆す次世代のスロットがスマスロだ。

そもそもの登場経緯としては『ギャンブル等依存症対策』における強化の一環で、より精密なデータ管理を行う事で遊技における射幸性を最適化する事にあるようだが、打ち手の我々からしたらメダルレスのインパクトが強すぎて登場の経緯まで把握しているという方は少ないのではないだろうか(無論、ねこだましも知らんかった)。

0909_スマスロ_2

スマスロは専用ユニット(サンド)を使用する事で運用が可能となるのだが、メダル周りに関する情報はデータとして管理されるため、メダルを扱う一連の行動はボタンを押すだけで完結する事が可能となる。

導入当初こそ戸惑いはありそうだが、家スロ等でもお馴染みのコイン不要機と概ね似たようなシステムであるため、この点に関してはわりとスムーズに受け入れられていくのではないかと思われる。

スマスロをいち早く体験したいという方は家スロ持ちの友人宅に凸るか、スーパー銭湯やゲーセンなどの一角にたまに置いてあるコイン不要機付きのパチスロを打つのが手っ取り早いぞ(雑)。

一部規制が緩和される

0909_スマスロ_3

打ち手目線ではメダルレスに次いで有利区間の撤廃も衝撃的な変更点と言えるのではないだろうか。

現在世間を賑わせている『甲鉄城のカバネリ』や『犬夜叉』と言った6.5号機にて有利区間の上限が4,000
Gに緩和された事は記憶に新しいと思うのだが、スマスロではなんと有利区間そのものが撤廃される形となる。

有利区間が撤廃される事により更なるゲーム性の拡張を見込む事ができるのだが、最大の鬼門である2,400枚の規制に関しては残念ながら6.5号機に準じると言った所で差枚数2,400枚の規制がそのまま据え置きに...。

また出玉性能に関する規制についても従来のパチスロと変わりないようなので、76,00枚飲み込んで7,600枚+2,400枚を完全一撃で吐き出すと言った極端な出玉性能を有する機械は作る事ができないようだ。

※有利区間を切るタイミング次第では見た目上の万枚は可能!?

0909_スマスロ_4

そしてスマスロならではの制限として、スマスロでは最大獲得枚数が19,000枚を超えると強制的に遊技が終了(稼働停止)となるコンプリート機能が搭載が必須となる点も抑えておきたいポイントだ。

ぶっちゃけ19,000枚なんて余程の事がない限り到達する事はないと思うのだが、注意点としては+19,000枚ではなくMYで19,000枚である点と、コンプリート機能の解除には設定変更が必須という点である。

極端な話、何日も設定変更をせずに据え置いた場合は当日MY19,000枚に到達していなくても突如強制終了する恐れがあるため、お店選びに関してはより一層慎重に行っていく必要がありそうだ。

💡MY・・・1日における最大差枚。

- スポンサーリンク -


スマスロに移行する事で期待できること

0909_スマスロ_10

前項ではスマスロの概要をはじめ規制周りにおける変更点について紹介してみたのだが、それでは実際にスマスロが導入される事によりそれぞれユーザー・ホール・メーカーにどのような影響を及ぼすのか簡単に考察してみたいと思う。

ユーザーに及ぼす影響

接触頻度の減少による衛生面の向上

コロナ禍である現代において、メダルを触らなくなる事により他人同士との間接的な接触頻度が減少する事は言うまでもなくメリットの1つとして挙げられる。

基本的にホールのメダルはメダル洗浄機を活用する事で、可能な限り清潔な状態を保つよう心掛けられているのだが、やはり接触しないに越した事はないだろう。


スムーズな遊技の実現

メダルを筐体に投入する動作をはじめ、排出されたメダルをドル箱に詰める作業や台の上に持ち上げる作業等が一切なくなるため、従来よりもスムーズ(スピーディーな投資)な遊技が可能となる。

ドル箱にメダルをカチ盛りながら優越感に浸るのもまたパチスロにおける醍醐味の1つであるのだが、冷静かつ客観的に見た時に確かに無駄な作業ではある。


店舗に及ぼす影響

人件費の削減

ホッパーエラー対応や計数作業をはじめとしたメダルに関わる作業の一切がなくなるため、その点における人件費を削減できる事は言うまでもなくメリットとして挙げられるだろう。

ただしその真価が発揮されるのはホール内の全てのスロットがスマスロになってからと言った所で、そこに至るまでのハードルは少々高めの印象ではある。


データ管理によるゴトの撲滅

スマスロの遊技データは遊技機情報管理センターに送信される等、徹底した管理のもと扱われるため、ゴトの発見や防止にも非常に効果的とされている。

言わずもがな払い出しやセレクター周りの物理的なゴトも不可能となるため、長らく業界の闇として存在してきたゴト師との対決に終止符が打たれる時も近い...!?


メーカーに及ぼす影響

使用部材の削減と新たな機能の設置

メダルレスになる事から筐体におけるメダルに関係する部材(セレクターやホッパー)等が不必要となり、その分のコストを削減する事ができる。

しかしその一方でスマスロでは新たにユニット(サンド)へのデータ転送システムやユニットと筐体を繋ぐ機構等が必要となるため、トータルで見てみるとコストは削減...できているのかな?


一部規制緩和におけるゲーム性の拡張

これは前項でも話した通りとなるのだが、有利区間そのものが撤廃される事で今まで以上にゲーム性に富んだ機種が開発できるようになる点はやはりメリットとして挙げられるだろう。

出玉性能は及ぼないにしても5号機時代を彷彿とさせるユニークなゲーム性を持つ機種の登場に期待ができる。

- スポンサーリンク -


各社から登場予定のスマスロの新台

以上の通りスマスロが登場する事で我々一般ユーザーをはじめ、ホール・メーカーとそれぞれにメリットが生まれるわけだが、最後に各社からスマスロ第1弾として登場予定の機種を紹介して記事を締めたいと思う。

大都技研:HEY!エリートサラリーマン鏡

0909_スマスロ_5

『リゼロ鬼がかり』や『番長ZERO』で乗りに乗っている大都技研からは切り込み隊長的な立ち位置と化した鏡の新作が登場予定だ。

前作も大都技研における6号機第1弾として登場したわけだが、鏡をはじめ、その後に続くリゼロと確かな実績を残している大都技研だけに、本機も期待大である。

メーカー パオン・ディーピー
純増 2.7枚
最大出玉率 114.9%
コイン単価 3.3円
平均MY 3,000枚前後

注目ポイント

・最大出玉率は6号機最高峰となる114.9%。
・コイン単価/平均MYからもバランスの良さが伺える。

SANKYO:革命機ヴァルヴレイヴ

0909_スマスロ_6

SANKYOからは今や同社におけるP機の看板機種と言っても過言ではない『革命機ヴァルヴレイヴ』スロット初登場にしてスマスロ第1弾としてスタンバイ。

鏡同様に6.5号機の内規ではほぼ最大となる114%の機械割を擁すと共に、『犬夜叉』を優に超える時速5,000枚の超攻撃的スペックで登場!?

メーカー SANKYO
純増 7.2枚
最大出玉率 114.9%
コイン単価 4.5円
平均MY 設定1で3,800枚、設定6で6,800枚

注目ポイント

・出玉率の高さ然り、コイン単価は脅威の4.5円。
・設定6の平均MYも6,800枚と破格の荒さ
・万枚突破率は4.6%と6号機最高峰の水準

- スポンサーリンク -


平和:バキ

0909_スマスロ_7

平和からは戦国乙女...ではなく、まさかの『バキ』がスマスロ第1弾として登場となるようだ。

『バキ』に関しては以前6号機で登場を予定していた所、諸事情で販売中止となったのだが、約1年の時を経てスマスロ機種として復活を果たすぞ。

メーカー 平和
純増 2.3枚(上位AT4.0枚)
コイン単価 4.0円
1kあたりの回転数 約33回転

注目ポイント

・上位AT突入時の獲得期待枚数は3,000枚。
・完走後はAT突入確定。さらに60%で上位ATに突入!

山佐:スマスロリノヘブン

0909_スマスロ_8
※画像はイメージです。

山佐からはこれまた意外なタイトルが登場となるのだが、リノシリーズの亜種(?)にあたる『スマスロリノヘブン』が同社のスマスロ第一弾として登場だ。

リノシリーズと言えば高確状態でのボーナスの連打でお馴染みだが、本作は32Gの間にボーナスを連打する沖スロタイプにて登場予定との事で、ハイビスカスに変わりトマトが沖スロ界隈に旋風を巻き起こす!?

なおスペック等の詳細については今の所は不明で、続報に期待と言った所だ。

注目ポイント

・32G間でボーナスを狙う沖スロタイプ。

- スポンサーリンク -


スマスロはいつから導入予定?

2022年11~12月頃順次導入

0909_スマスロ_9

各社よりスマスロ第一弾として導入が予定されている機種はいづれも6号機の限界ギリギリとなる刺激的なスペックを擁しているわけだが、気になる販売予定時期は2022年11~12月頃となるようだ。

ただしこれはあくまで販売時期であって、スマスロを導入するにあたっての設備の準備等を踏まえると本格的にホールに導入されるのは来年以降になるかと思われる。

0909_スマスロ_11

今回ご紹介した機種の他にもSammyから『バイオハザード:ヴェンデッタ』の導入が噂されていたりと、面白そう機種が続々とスタンバイしているようで、スロットの復権もそう遠い未来ではないのかもしれない。


前回の稼働日記はこちら!
ATの最終ゲームでデカPUSH発動!?
pachislot-nekodamshi.com

こちらの記事もおすすめ
名機サイレントヒルを振り返る!
pachislot-nekodamshi.com

実機を買うならチェック!

ブログ村ランキング参加中
1回のPUSHが励みになります...!
20220428144215

その他の稼働日記はこちら
新台をはじめニッチな機種まで多数!
20220428144218

パチスロ新台導入カレンダー
最新の機種情報はこちらからチェック
20220428144212