ねこだましのパチンコ・パチスロ稼働日記!

新台機種を中心に稼働日記をアップ中。新台機種の情報まとめも!

ねこだましのパチンコ・パチスロ稼働日記!

スマパチ概要
スマスロ概要
パチスロバキ
パチスロヴヴヴ
パチスロ新台導入カレンダー
パチスロ稼働日記
パチスロ新台コラム
ブログ運営小話

スマパチ【情報まとめ】いつから導入?概要から導入予定の機種まで判明している情報をまとめてみた!

1130_スマパチ_key


吹き出し左側用のアイコン

どうもねこだましです!

今回はスマスロと並ぶ次世代のパチンコ『スマパチ』についての情報まとめ!

2022年11月より稼働開始の『スマスロ』に次いでパチンコにおいても『スマパチ』なる次世代型遊技機が登場予定との事で、本稿では『スマパチ』の概要をはじめ導入時期等をおさらいしたいと思う。

※こちらの記事は11月17日時点での情報をまとめた内容となります。

- スポンサーリンク -


スマパチとは

直接玉に触れない!?次世代のパチンコ

1117_スマパチ_1

スマートパチンコ『通称:スマパチ』は『スマスロ』同様に第三者機関(遊技機情報センター)による徹底したデータ管理のもと、パチンコ機の内部で玉が循環される事から直接玉に触れる事なく遊技が可能となる次世代のパチンコ機だ。

現状は概要が発表されたのみで筐体等は披露されていないのだが、上皿及び下皿が不要になる事から見た目に関しても少なからずスマートになるんじゃなかろうか。

また『スマパチ』の運用には専用のユニットが必要となり、この辺は2022年11月に先んじて導入される『スマスロ』と同様の運用形態になる事が予想される。

💡ユニットに関してはスマスロと共有する事ができ、スマスロ・スマパチ間のシームレスな移動が可能。


大当たり確率の上限が緩和

『スマスロ』然り、スマート遊技機に期待する事と言ったらやはり規制緩和だと思うのだが、従来のP機における上限であった約1/320の大当たり確率を『スマパチ』では約1/350まで上限を引き上げる事が可能に!

これによりただでさえ強烈な出玉性能を有するP機をさらに上回る出玉性能を有した機種を開発する事が可能となり、場合によってはパチンコの歴史至上、最強の出玉性能を誇る機種が登場する可能性も...。


C時短を用いて新機能を搭載できる

『P 花の慶次漆黒2 EXTRA RUSH』をはじめ、新台に至っては『P ゴジラ対エヴァンゲリオン ~G細胞覚醒』に搭載されるなど、最近目にする機会が増えてきた”C時短”だが『スマパチ』では”C時短”を活用した新たな機能を搭載する事ができるようだ。

新機能に関する具体的な内容は現状露になっていないのだが新機能と謳うぐらいだ、STのゲーム数の上乗せなどと言った今までにないゲーム性が登場するかも..!?

💡C時短とは・・・ハズレ変動の1部で突入する可能性がある突然時短。

- スポンサーリンク -


コンプリート機能を搭載

1117_スマパチ_2

『スマパチ』では1日の最大獲得個数が95,000個に達すると強制的にその台の稼働が終日停止となるコンプリート機能が搭載される(=一撃95,000個獲得で打ち止め)。

コンプリート機能の発動条件は差玉で+95,000個ではなくMYで95,000個となるため、仮に30,000個使用して大当たりした場合はプラス分は最大でも65,000個が上限となる点、注意が必要だぞ。

※コンプリート機能はスマパチのみならずP機にも適用とのこと。


遊タイムの基準変更

現行機では”遊タイム”の発動回転数における基準として『1/MLの2.5倍以上3.0倍以下の回数』という決まりがあるのだが、この度『1/MLの1.5倍以上3.0倍以下の回数』という基準に変更となる事が明らかになった。

従来であれば”遊タイム”を搭載した1/99の甘デジの場合、最低でも約250回転からでなければ”遊タイム”を発動できなかったのだが、新基準では約150回転から発動する事が可能となるわけだ。

これにより”遊タイム”を活用したゲーム性の更なる拡張に期待ができ、場合によっては”遊タイム”と確変をシームレスに繋ぐ永久機関を構築できる!?(なわけない)

※遊タイムの基準変更はスマパチのみならずP機にも適用とのこと。


封入式ではない模様

1117_スマパチ_4

設定付きパチンコがその布石と囁かれるなど、『スマパチ』は予てより釘をいじる事ができない封入式のパチンコにて登場する事が噂されていたのだが、どうやら釘に関してはP機同様に外から調整できる仕様との事。

確かに封入式してしまうと釘のメンテナンス以前に物理的なトラブルが発生した際に分が悪く、玉の射出自体は従来通り行われる手前、この点は引き続き現行の仕様の方が良いのかもしれない。

- スポンサーリンク -


スマパチのメリット

1117_スマパチ_5

続いて『スマパチ』に移行するにあたってのメリットをおさらいしたいと思うのだが、このあたりに関しては『スマスロ』とほぼ同様の内容になるため、さくっと3点をピックアップして紹介したいと思う。

感染症の対策になる

1117_スマパチ_6

『スマパチ』では現行のP機同様に物理的な玉が用いられるわけだが、玉は内部的に循環して射出される事からユーザー自身が直接玉に触れる事がなくなる。

そのため玉を介した感染症の発症のリスクを予防する事ができ、ユーザーはより安全に遊戯を楽しむ事ができるようになる。


ゴト被害の抑止になる

1117_スマパチ_7

第三者機関によるデータ管理をはじめ、玉の射出に関わる導線にアクセスできなくなることから物理的なゴト行為への対策にも一石を投じている。

『スマスロ』然り、『スマパチ』に関してはゴト行為の撲滅も移行にあたってのミッションとして掲げられているため、この辺りの対策は入念に取られていると見て良さそうだ。


筐体の軽量化

1117_スマパチ_7

こちらは言わずもがなだが上皿・下皿、また払い出し装置等の一部部品が不要となる事から必然的に筐体自体の軽量化も見込む事ができる。

ただし上記でも述べた通り内部的にではあるが玉は変わらず使用されるため、劇的に軽量化されるという事はないんじゃないかな。

- スポンサーリンク -


スマパチの導入予定機種

現時点では各社共に未発表

smapachi_8

気になる『スマパチ』のラインナップだが、現状は各社共に正式な発表が行われていないため第1弾機種のお披露目はもう少し先になりそうだ。

噂程度に大人気ライトノベル作品の『ソードアート・オンライン』の『スマパチ』がスタンバイしている等の情報が既に出回っていたりするのだがその真偽は不明...といった所で、正式な発表を期待して待ちたい所である。

スマパチの導入日はいつから

以上が現時点で判明している『スマパチ』についてだ。

パチスロ同様に大きな変革を迎えようとしているパチンコだが、そんな『スマパチ』の気になる導入予定時期は2023年3月頃との事!

あくまで導入予定時期という事で勿論前後する可能性はあるのだが、少なくとも2023年の中旬頃までにはホールに登場すると見て問題なさそうだ。

筐体をはじめ、導入予定機種等は今後順次発表されていくと思うので、『スマパチ』については今後も要注目だ!

Ⓒ川原礫/アスキー・メディアワークス/SAO Project


前回の稼働日記はこちら!
水着ボーナスで初っ端から全部赤玉!?

こちらの記事もおすすめ
スマスロの概要や導入機種はこちら!

データロボ『サイトセブン』
全国約2,000店舗の出玉グラフや大当り履歴が
月額550円(税込)で見放題!
20221102181239

ブログ村ランキング参加中
1回のPUSHが励みになります...!
20220428144215

その他の稼働日記はこちら
新台をはじめニッチな機種まで多数!
20220428144218

パチスロ新台導入カレンダー
最新の機種情報はこちらからチェック
20220428144212